7 月 25

放射能対策


dscf3442dscf3447
 

「我々に出来ることは何か?」

震災後ずっと考えてきたことでしたが、ようやく見つかりました。

 

福島県は放射能問題で、外よりも室内で過ごす時間が多くなっています。

そこでインドア砂場を作れば、子供たちに笑顔を与え、少しでも町を明るくすることに貢献できるのではないかと考え、プレゼントすることにしました。

 

設置後は福島テレビなど、多数の地元TV局が取材に来ました。

 

園長先生の言葉


「久しぶりの砂遊びに歓喜の声が聞けた。砂遊びができるだけで外で遊んでいるような感覚になります」

 

柴田亘保

Written by: shibata

コメント (22)