12 月 22

ガラスのスピーカー








ガラススピーカーが完成しました。芸術的且つ、機能的な一品です。

ガラスの膜を通しての音感であったり、ガラス内で反響する音が特徴ですが、何よりも見た目のインパクトは最大級です。

値段は2000万円。自宅のスピーカーにそれだけ費用をかけれる人は、アラブの石油王族の方達ぐらいでしょうね。

 

Written by: shibata

コメント (15)



12 月 19

はくおう幼稚園






白鴎大学系列のはくおう幼稚園と、足利くるみの幼稚園にホワイトサンド砂場が導入されました。

子供達にとっては最高のX’masプレゼントになっていることでしょう。ということは私はサンタクロースということになるんでしょうか???

それはさておき、ホワイトサンドは雪のように感じるためか、友達同士で投げ合っています。いいことなのか悪いことなのか・・・

目に入ったら水で洗いましょう。

Written by: shibata

コメント (19)



12 月 18

横浜「海の公園」






ホワイトサンドビーチ横浜、OPENしました。

4時を回ると、近隣の小学生達が裸足になって遊んでいました。話を聞いてみると、学校では一番の話題になっているそうです。

周りには一面茶色のビーチがあるにも関わらず、白い砂のエリアに集まる子供達。ここには一つの答えが隠れている気がしますね。

今後は小山で培ったノウハウを活かして、横浜市を中心に盛り上げていきたいと思います。

写真左下は、取材を受けている清水課長。今回のホワイトサンド導入を決定して頂いた(財)横浜市環境保全事業団の方です。
 

Written by: shibata

コメント (24)



12 月 17

原状回復




全ての工事が終わり、原状回復して白鴎大学さんに返しました。駐車場として利用されるそうです。

改めて見ると、ここにビーチがあったなんて信じられませんね。小さい子供達が幻と思わなければ良いのですが。

Written by: shibata

コメント (17)



12 月 12

ホワイトサンドビーチ IN 横浜






ホワイトサンドビーチ第2弾は横浜市金沢区にある「海の公園」内に決定!!既に搬入が開始されていて、15日(月)には完成予定です。

ビーチの中にホワイトサンドエリアを作ると、こんなにも目立つとは思いもしませんでした。遠くから見ると雪のようです。

公園内を散歩する人達が「これは何ですか?」と次から次へと質問していきました。関東圏ではホワイトサンドは見慣れない物なので、すぐに砂とわかる人は中々いないようですね。

懸念材料としては、既存の砂とホワイトサンドが混ざり合って、色が変わってしまうこと。それを防ぐために防砂ネットで囲っていますが、完全にシャットアウトするのは難しそうです(写真右下)

海の公園に導入する上で、生態系を壊さないようにホワイトサンドの成分調査をした結果は、満点でクリアしました。外見も中身も綺麗なホワイトサンドを使って、地域の人々を繋げるきっかけを作り、地域振興、更には日本を元気に出来れば最高ですね。

来年は横浜開港150周年記念式典が盛大に行われるので、何かしら貢献したいと思っています。

対岸に見えるのは、八景島シーパラダイスの名物「海の上を走るジェットコースター」(写真左下)

 

Written by: shibata

コメント (18)



12 月 10

近隣幼稚園の状況




下野市の愛泉幼稚園と栃木市のさくら第2保育園の砂場がホワイトサンドになりました。

園児達は大喜びで、自宅に砂を持ち帰ってしまう子達も多いそうです。

画像が届き次第、順次報告していきます。

Written by: shibata

コメント (0)



12 月 04

撤去作業




いよいよホワイトサンドビーチの砂の撤去作業が始まりました。

砂場誘致の募集をした結果、各幼稚園や保育所からトラックで取りに行くので譲って欲しいという依頼が数多くありましたので、写真は積み込んでいる光景です。

来週初めには、導入した学校や移設先の名前を明かせるので、楽しみにお待ちください。

小山駅前からは跡形もなく消えまずが、ホワイトサンドは20箇所位に移動し、子供達や大人達のレクリエーションの場として再生し、そのエリアを少しだけ明るく照らしてくれることでしょう。

 

 

Written by: shibata

コメント (18)



12 月 01

閉幕






9月27日から11月30日までの65日間、総勢8000名の方が利用されました。

色々と大変な事ばかりでしたが、多くの人達に楽しい時間と非日常空間を提供出来たと思います。

ここでの体験、出会い、別れを通して、自分自身が大きく成長出来たのを実感出来ました。本当にチャレンジして良かったと思います。

次の場所が確定次第、このホームページとブログで情報を流そうと思います。

古河に建設した際は、また利用してください。


Nobuyasu Shibata

Written by: shibata

コメント (28)